四日前、自宅の家庭菜園の畑をスコップで耕していたら“ズキッ”と腰が痛くなった。

翌日痛みは少し減ったのだが、動くとまだツライので来院された。

 

検査

・一番痛みが出るのは、イスから立ち上がる時。

・前におじぎ(前屈)するのは痛くない。

・腰を反らせるのは痛い。

 

・右のお尻の筋肉が硬い

・右膝の関節軸のズレ。

・右足首の動きが硬い・

 

・右の腕の筋肉がパンパンに張っている。

・右手首の関節軸のズレ。

 

・背骨のカーブがまっすぐに近い

・右の肋骨が広がっている

 

施術

・右膝の関節の軸合わせ。

・右手首の関節軸を合わせる。

・肋骨の動きをともなった背骨の体操

 

二回目の施術(二日後)

一回目の翌日は朝か調子が良かったが、お仕事をしていたら昼頃から痛みが出てきた。

最初とは違う痛み、右肩から背中にかけて痛みが出た。

一回目の施術で下半身からの痛みは軽減したが、上半身からの痛みが残っていたようです。

 

・首の調整

・右腕の調整(肘・手首)

お仕事が忙しいので、次に来れるのがいつになるか分からないという事でした。

 

三回目の施術(一ヶ月後)

前回の施術後からだんだん痛みが減っていき、気にならなくなってきた。

強いて言えば、首周辺が気になるということなので首と肩甲骨周りを調整。

 

まとめ

この患者さんは以前来られた時も、背中の丸みがあまり無いのが気になっていました。

背中のカーブが少ない『平背』の状態。

最近、良い姿勢にしようとして背筋(せすじ)を伸ばしすぎている方がすごく多いです。

せすじを伸ばしすぎると背骨がまっすぐになりすぎて、かえって腰痛になりやすくなります。
水谷整骨院

福岡県うきは市吉井町996−16

0943-75-5786

関連記事

母の介護で腰痛に 60代 女性

引っ越しで腰痛 30代 男性

ソファーでうたた寝して腰痛 20代 女性