・陸上部の中学生

・走る時に左膝が痛い。

・以前は右膝も痛かった。

 

検査

・左膝の大腿四頭筋下部(膝の上10センチくらい)が硬い。

・両方の足首の動きが硬い(かなり母趾球を意識して使って走っているとの事)

・股関節の動きは悪くない

・肩が上がり、胸を張ったような姿勢をしている

 

施術

大腿四頭筋に負担を与えているラインを追っていくと、左の肘の軸がおかしことに気づいた。

そのまま手首や指を触ると、関節軸が合っていない。

聞いてみると、以前走る時の左手の振りを注意されたことがあって、意識して左手を振っていた。

 

・左の指・手首・肘の軸調整

足を動かしてみると、かなり抵抗が少なくなり大腿四頭筋下部の硬さもほぼ無くなった。

 

まとめ

足で走るので、膝が痛い場合はついつい足の異常を疑いがちです。

しかし、我々人間は4足歩行の名残がカラダに残っています。

足が動く時は同じように、腕も動いています。

手足がリズミカルに動くことでスムーズに歩いたり走ったりできているのですが、何かによって腕の振りが妨げられていると手足のリズムが崩れます。

今回は、リズムが崩れたまま走っていたせいで大腿四頭筋に負荷がかかってしまったようです。


水谷整骨院

福岡県うきは市吉井町996−16

0943-75-5786

関連記事

カカトが痛いスポーツ選手 20代 男性

眠れないほどの膝の痛み 60代 男性

左膝の痛み 60代 男性 大工さん