・フットサルの練習をしていた時に腰に痛みが出た。

・小学生の頃から座った時にお尻の骨が当たって痛かった。

・小学生の時から「猫背」を気にして背筋を伸ばしていた

 

検査

・立った姿勢で肩が「怒り肩」の状態。

・頭部が前方に移動している。(前方トランズ)

背中のカーブが浅くなって「平背」になっている。

・肋骨の下部が前方に出っ張っている。

・骨盤の前方移動(前方トランズ)

・足の甲の関節が硬い。

 

施術

・肋骨の矯正

・首の調整

・足首の調整

・反り腰の矯正

 

まとめ

姿勢を良くするために背すじを伸ばす。

 

皆さんよくやると思います。

しかし、そのせいで背骨がまっすぐになりすぎてしまう事はあまり知られていません。

 

背骨は首・背中・腰の3つの部分にカーブがあり、カラダにかかる負担を分散し守ってくれています。

しかし、背筋を伸ばし過ぎると、カーブが浅くなってしまうので負担がモロにカラダにかかってしまいます。

このせいでツライ腰痛になっている人は大勢いらっしゃいます。

 

適切な背骨のカーブはカラダを守ってくれます。

水谷整骨院では患者さんの背骨のカーブを特殊な計測器で測る「猫背チェック」をしています。

ご興味のある方はお気軽にお越しください。

 

追記

2週間後に来院。

腰の痛みは無くなったが、座った時の骨(仙骨)の痛みは残っている。

どちらかというと左側が痛い。

施術

・右仙腸関節のAIサークラム

・足の指の調整(親指・小指)

仙骨の跳ね上がりがかなりおさまった。


水谷整骨院

福岡県うきは市吉井町996−16

0943-75-5786

関連記事

母の介護で腰痛に 60代 女性

 

ソファーでうたた寝して腰痛 20代 女性

引っ越しで腰痛 30代 男性