・1週間前、ウォーキング中にに突然右のお尻から太ももの裏にかけて、うずくまってしまう程の痛みが出た。

・車に乗る時に痛みが出ると足が動かせないので、両手で太ももを持って車の中に入れていた。

・歩いている時にも急に痛みが出る。

 

検査

・一見いわゆる良い姿勢だが、背筋の伸ばしすぎによる「反り腰」状態

・右の肋骨が外側に張り出していてカチコチ

・太ももとふくらはぎの筋肉がパンパンになっている。

・施術ベッドの乗り降りや寝返りも、痛くてすぐには動けない。

 

施術

・反り腰の矯正

・股関節の調整

 

2回目(翌日)

髪型が変わっているのに気付いたので、お聞きすると

「痛みがかなり減って身体が楽になったので、美容室に行ってきたよ〜♪」

ということでした(笑)

実際、昨日は時間がかかっていたベッドへの乗り降りも「ヒョイっと」されていて、

検査の結果も昨日より良好。

 

「時々痛みは出るけど、一昨日に比べるとかなりマシになった」とおっしゃっていただいました。

まとめ

猫背を気にするあまり、背すじを伸ばしすぎているせいで身体に過緊張(力が入りすぎている状態)を起こしているパターンをよく見ます。

人間の背中はもともと軽く曲がっているものです。

それは背骨にかかる衝撃を逃がすためのカーブなのです。

そのカーブを、「背筋を伸ばし過ぎる」ことによって無くしてしまうと、

頭痛・肩こり・腰痛などの症状が出やすくなってしまいます。

 

水谷整骨院では、背筋を伸ばしすぎない自然な立ち方や座り方をお伝えできる

「姿勢分析師」がおります。お気軽にご相談ください。


水谷整骨院

福岡県うきは市吉井町996−16

0943-75-5786

関連記事

座るとお尻の骨が当たって痛い 20代 男性

引っ越しで腰痛 30代 男性