・半年以上前に突き指をして、そのまま放置していた左手の薬指。

・指先から数えて2番目の関節が太くなったままになって、指輪がはめられない状態が続いていた。

 

 

検査

太くなっている関節をみせていただくと、関節が突き指の衝撃でズレたまんまになっていた。

その指だけでなく左手全体にむくみがある。

指が最後まで曲げられない。

 

 

施術

ズレた関節の矯正(ボキッとはしませんよ)

元の位置に戻した状態で、患者さんに動かしてもらうと

「あれっ?痛くない!」

正しい位置で動いているので痛みがなく、最後まで曲がります。

 

何回か動かしてもらっているとむくんで太かった指も細くなり、

しょうがなく右手にはめていた指輪も元の位置に帰ってこれました。

 

まとめ

突き指は結構みなさん放置したままの方が多いです。

しかし指の関節の動きを悪いままにしておくと、それが手首の痛みや肘の痛みを引き起こすことがあります。

放置せずに早めに処置をしておいた方がいいですよ。

 

当院では、ご自分で簡単に突き指のケアができる方法もお伝えしています。


水谷整骨院

福岡県うきは市吉井町996−16

0943-75-5786

関連記事

半年前からの四十肩 40代 女性 事務職