・半年前から左肩の前側が痛くて、夜寝るときも疼いて眠れないほどの痛みがあった。

・自分なりに湿布を貼ったり、市販の痛み止めを飲んだりしたが効果がなく諦めていた。

・ご主人の勧めで来院された。

検査

・反対の手で持ちながらで、なんとか頭の上まで手があがる状態。

・普通に立っていても、左肩が常に緊張して上に上がっている。

・痛みがある側の肋骨が硬くなり拡張して、背中の動きも硬い。

・腕から指先まで緊張が強く、関節が固まっていて指が腫れている。

・首の緊張も強く筋肉がガチガチ。

 

施術

指先の緊張を和らげるために指一本一本の関節の調整と

手首の関節調整を行うと、腕の筋肉の緊張がかなりほぐれた。

最後に首の筋肉の緊張をとって初回の施術が終了。

初回終了時で反対の手を使わずに頭まであがるようになった。

 

二回目の施術(初回の二日後)

肋骨の柔軟性を増すための調整

股関節の調整

 

三回目の施術(一週間後)

施術前に動きを確認したら、上までバンザイできるようになっていたので

全身のバランスを合わせる施術を行う。

 

まとめ

一般的に四十肩や五十肩は、すぐには改善しない・時間が経たないと治らないと思われがちですが、

肩の動きを邪魔している部分を適切に調整をすれば今回のケースのように短期間で改善することもあります。

 

当院では、自宅で簡単に五十肩予防ができる体操もお伝えしています。


水谷整骨院

福岡県うきは市吉井町996−16

0943-75-5786

関連記事

寝違えでSOS 30代 女性

放置して曲がったままの突き指 60代 女性